十話更新しました

更新しました
http://ka0ku.web.fc2.com/novels/novel10.html

最近マウスの左クリックが効きにくくなっているので、そればかりが気になります。
ベルニカはなんかこうもっと明るい予定で書くつもりだったのですが、色々考えると明るいだけではいかないな(^o^)という結論に至りました。

「レイハットも一緒に帰る?」と、反対側の手をレイハットに差し出すメルフィアと、それを見て無自覚にものすごく嫉妬するベルニカを書こうとしましたが、
ベルニカがあまりにもあまりだったのと、この時のレイハットはメルフィアを悠長に待たなさそうだな(^o^)って感じだったのでボツになりました。もう既にプロットに沿っていません。たのしいです。

あと、言われたとしてもレイハットは「触りたくありません」とやんわりお断りしそうなので、場が気まずい感じになりそうです。
レイハットさんのセリフは、稀に「心が無いのか?」というレベルの暴言になることがあるのでものすごく気を付けています。

マイルドにしています。

長くなったので以上で終わらせます。