アトミック・ブロンドを観た

アトミック・ブロンドを観ました。

とても良かったです。

視聴済み前提で書いていますのでネタバレなど気をつけてください。

 

観ている最中は色々ややこしい話かと思っていたけど、振り返ったら意外と単純な話でした。

余計なこと考えてると話に付いていけなさそうな印象はある。あながち間違いでもなかった。

 

ロレーンさん、あんな冒頭なのに何故か頭脳派だと思っていたら敵をボコボコにしていてすごかった。

単に敵をボコボコにしているだけじゃなくて、自らもダメージを負ってフラッフラになりながらも敵をぶん殴るシーンなんかは「ひょえ〜(^O^)!(語彙力なし)」と観てました。

ボコボコタイムは双方演技にしても痛いし、氷水に浸かるのも想像しただけで痛い。

この映画、痛い。

 

衣装もすごく良かったです。どれも等しく好き。

画面に映えててすごく綺麗でした。

 

デルフィーヌさんが登場するバー(?)のシーン、他の方の感想を見るまでナンパだと分からず、

>唐突な百合<

って感じでものすごくツボでした。

実際笑ってしまった。

それまでのロレーンさんの印象が、何でもできる一匹狼って感じだったので、デルフィーヌさんのおかげで「に、人間だ(^O^)!!」となったのはすごく良かったです。

(その後のロレーンさんの印象、何でも出来る一匹狼→従順だけど孤独な人→有能)

 

お酒と煙草しか口にしていないしそのうちぶっ倒れそう。