インフェルノを観た

インフェルノを観ました。

美術史やら考古学やらを知っていたらもっと楽しめていたんだろうなあという印象。

 

生憎そっち方面に関心がない生活を送ってきたので、映画で出てきた「ダンテ」やら「神曲」やら「地獄の見取り図」やらは、全く初見ではないにしろ、ほとんど知識がない状態で観ていました。

それでも多少の説明はあるので、それらが何かを理解することは可能ですが、それらを元に作られた暗号を考えるということはまず出来なかったです。

極端な話、美術史辺りの話は授業感覚で観てました。

 

冒頭から以降も頻繁に出てくる地獄関連の映像、とても怖かった。

あと、「何だったけな、朝の気付けに飲むやつ」「茶色くて……」「コーヒー?」「そう!コーヒー!」の会話と、「(美術史のお話をバーっと話す)」「(後遺症故の健忘症であったため)調子戻ってきたみたいね」「そうみたいだ」「自分のミドルネーム言える?」「……調子は戻ってきている」のやり取りがじわじわと好きです。

 

シリーズらしいことを知ったので今度観てみようと思います。

(原作小説もあるらしいけど、とても読めそうにはないので)